『夢見るリリィと華麗なる生活』
脚本・演出:西尾武





日程 2018年7月5日(木)〜8日(日)全6ステージ
会場 ナビロフト
出演 竹田淳哉/藤崎アンジェ/佐伯歩美(以上、妄烈キネマレコード)
空沢しんか(劇団ジャブジャブサーキット)/小ア康史(Project K)/内山ネコ(劇団んいい)/森広太朗
くらっしゅのりお


リリィハウスは、街のはずれにポツリとあった。
ここは、夢見る人たちが集まるシェアハウス。
それぞれが人生の一部を共有しながら、ひっそりと精一杯生きている。
たとえお金がなくとも、心豊かな生活がそこにはある。
だからきっと、いまでも夢を見ていられる。
妄烈キネマレコードが送る、夢見る群像生活コメディ!





【舞台監督・舞台美術】 早馬諒【大道具制作】かすがい創造庫【音楽】常滑ケンジ(Sagan Electrica)【音響プラン】竹田淳哉【音響OP】 西尾武【照明】馬場祥【衣装・小道具】 佐伯歩美【制作・宣伝美術】 藤崎アンジェ【制作補佐】 足立裕里(愛知淑徳大学演劇研究会「月とカニ」)

▲ページTOP


7作品同時公演
『少年カセットコミック』

脚本・演出:西尾武






日程 2017年11月30日(木)〜12月3日(日)
会場 ナンジャーレ
出演 A『恋の開』
藤崎アンジェ
(妄烈キネマレコード)

B『ドーン・オブ・ザ・ゴッド』
竹田淳哉
(妄烈キネマレコード)

C『嘘つきパラドックス』
土方智哉/佐伯歩美/坂口裕哉

D『今日はカレーな気分!』
常滑ken
(Sagan Electrica/電光石火一発座)/西尾武(妄烈キネマレコード)

E『ギブちゃんの言うとおり』
小ア康史
(Project K)/杉浦こころ(名城大学劇団「獅子」/あたらしいまち)/はらみつちはる

F『星のふる丘 』
森広太朗
(愛知淑徳大学演劇研究会「月とカニ」)/清水由果(あたらしいまち)

G『WOW WAR GOLD』
内山ネコ/青木謙樹/椎葉星亜
(以上、劇団んいい)


A『恋の開』 ―あの日の思い出は、噛めば噛むほど味が出る
“暇なし!彼なし!だらしなし!”河木このみの楽しみは、1日の終わりに嗜む晩酌だけ。
しかし仕事の忙しさから最近は、晩酌だけでは満足できなくなってきた。彼女は思い立ち、外に飛び出すとそこには…

B『ドーン・オブ・ザ・ゴッド』 ―何度でも、何度だって立ち上がる!
西暦1549年8月、イエズス会の司祭・フランシスコ=デ=ザビエルが日本に初上陸した。
布教活動はなかなか思い通りにいかず、イエズス会はそんな危機を打開すべく、ひとりの男を日本へと派遣した。

C『嘘つきパラドックス』 ―有栖川サツキの憂鬱が止まらない
ある日、有栖川サツキは、やる気を失くした。
「どうして?」と聞いても俯く彼女。どうにかしたい男たちの困惑も止まらない。

D『今日はカレーな気分!』 ―さあ、食べよう!
“人生はカレーライス”という言葉をどこかで聞いたことがある。
カレーの味には個性が詰まっていて、カレーの匂いには思い出が詰まっている。なんだか無性に食べたくなる。

E『ギブちゃんの言うとおり』 ―中年も大志を抱け!
小さい時は「あぁ、大人っていいな。」って憧れて、ちょっと大人ぶってみたりして。
あのとき思い描いてた自分に、自分は今なれているいるだろうか?最近はもう冒険もしなくなった。

F『星のふる丘』 ―その日ふたりで、星が降るのを見た。
この街の外れには、「星の降る丘」と呼ばれる夜景スポットがある。
街の夜景は大したことないし、星だって満天というほどじゃない。けど、僕にとっては憧れの場所。

G『WOW WAR GOLD』 ―問題は“金”じゃない!
今も今、天然オオクワガタを捕りに行こう!という提案で、3人の男は夜の山へと分け入った。
しかし全然オオクワガタ見つけられず、諦めかけていたその時、もと光る竹なむ一筋ありける。




【舞台監督】 西尾武[照明】長坂有沙(愛知淑徳大学演劇研究会「月とカニ」/poco a poco) 【音響】 竹田淳哉【制作・宣伝美術】 藤崎アンジェ【制作補佐】 足立裕里(愛知淑徳大学演劇研究会「月とカニ」)

▲ページTOP


『サマータイムマシン・ブルース』
原作:上田誠 脚色・演出:西尾武






日程 2017年8月10日(木)〜13日(日)全6ステージ
会場 ナビロフト
出演 竹田淳哉/藤崎アンジェ(以上、妄烈キネマレコード)

坂口裕哉/森広太朗
(愛知淑徳大学演劇研究会「月とカニ」/poco a poco)/ぴょん(名古屋大学劇団新生)
吉田ひろし
(劇団バッカスの水族館)/後藤晏吾(劇団Du)/福田真也(劇団バッカスの水族館)

佐伯歩美/はらみつちはる/高木彩加
(名古屋市立大学演劇部劇団鈍-NORO-)/藤由依雛(電光石火一発座)/松本広子(劇座)


“リモコンを巡って タイムトラブル!”
夏休み、とある大学のSF研究会―
その部室には、遊び呆けるSF研と部室の奥に暗室を構えるカメラクラブが屯していた。
ある日、エアコンのリモコンが故障してしまい、うだる暑さに彼らは閉口する。
そんな折、部室の片隅に、見慣れないタイムマシンらしきものが置いてあるのを見つけ、
彼らはそれに乗って、壊れる前のリモコンを取りに昨日へ行こうと試みるが…
思いがけない事態に巻き込まれていく学生たちを、軽快なテンポで綴る青春SFコメディの傑作!





【原作】上田誠(ヨーロッパ企画) 【脚色・演出】西尾武【舞台監督・舞台美術】早馬諒(かすがい創造庫) 【大道具製作】かすがい創造庫【照明】西尾武【音楽】常滑ken(Sagan Electrica)【音響プラン】竹田淳哉 【音響オペ】ナカタケンジ(電光石火一発座)【制作】藤崎アンジェ【制作協力】近藤綾香

▲ページTOP


『やえちゃんと、』
脚本・演出:澤井しおり





日程 2016年11月3日(木)〜6日(日)全6ステージ
会場 ナビロフト
出演 西尾武/藤崎アンジェ/竹田淳哉(以上、妄烈キネマレコード)
棚橋愛/河内愛(演劇組織KIMYO)/平手さやか(劇団秘密基地)


やえはロボット。
友だちで、家族で、理想で、嘘で、化け物で、子どもで、お母さん、そんなロボット。

引きこもり青年・見栄晴がやえを通じて憧れの少女を求めるとき、
普通のふりして生きる少女・素直がやえを通して自分自身を思い出す頃、
未来の子どもたちは、やえを守るため、化け物の正体を突き止めようとする。

「真っ赤な化け物が世界を滅ぼす」

過去と今と未来を行き来しながら、
出会ったすべての人たちの〈これでいい〉を見守る、超再生物語。





【舞台監督】早馬諒(かすがい創造庫) 【照明】長坂有紗(poco a poco/愛知淑徳大学演劇研究会「月とカニ」) 【音響オペ】いちろー(廃墟文藝部) 【音響協力】井上佳保 【衣装・小道具】澤井しおり 【舞台美術】岡田保(演劇組織KIMYO) 【大道具製作】かすがい創造庫 【制作・宣伝美術】藤崎アンジェ 【制作補佐】林采芽(名古屋演劇アーカイブ/劇団わに社)【演出補佐】中村猿人(劇想からまわりえっちゃん)

▲ページTOP


2作品同時公演
『ひもの男』

脚本・演出:西尾武






日程 2015年7月30日(木)〜8月2日(日)
会場 G/PIT
出演 芝原啓成/澤井しおり(以上、妄烈キネマレコード)
椎葉星亜(劇団んいい)/此井人/島林瑞樹/すっきー/宇野藍


“恋愛できない男”田中真幸。
彼は、今日からアパートで一人暮らしを始めた。
引越し早々、我が家のように入り浸る軽音部の友人たち。
「一人暮らし始めたなら、女くらい連れ込めよ!」
そんな誰かの他愛もない一言から彼らの甘酸っぱい恋愛青春ドラマが始まる。





【音楽】常滑ken(電光石火一発座)【宣伝美術】オレンヂスタ美術部

▲ページTOP


2作品同時公演
『さらば青春の歪』

脚本・演出:西尾武






日程 2015年7月30日(木)〜8月2日(日)
会場 G/PIT
出演 竹田淳哉(妄烈キネマレコード)
河内愛/落合奈央/日代鼓/岩瀬かえで/美洸/宇津野美穂/平手さやか(劇団秘密基地
内山ネコ
(劇団んいい)


懐かしい体育館、ステージ、部室、あの頃の記憶
わたしたちの青春は演劇で、わたしたちの思い出はこの場所に詰まっている
そして、“仲が良かった”“好きだった”“大切だった”あの子はたしかにここにいました
でも本当に全部そうだったなんて自信はありません




▲ページTOP


『或阿呆の青春』
脚本・演出:西尾武





日程 2015年2月12日(木)〜15日(日)全8ステージ
会場 ナンジャーレ
出演 芝原啓成/竹田淳哉/澤井しおり/中村繁之/西尾武(以上、妄烈キネマレコード)
カズ祥(劇団あおきりみかん)/椎葉星亜(劇団んいい)/内山ネコ(劇団んいい)/青木謙樹(劇団んいい)
磯村徹
(劇団バッカスの水族館)/河内愛


平和な町「青葉町」。
ある日突如現れた秘密結社「ブラックユニオン」は、世直しと称し、次々とブラック企業を襲撃し始めた。
それを阻止するべく暗躍を始めた政府直属の秘密組織「社会防衛軍」。青葉町は、このふたつの組織の戦場と化す。
その抗争に巻き込まれた青年・芥川龍一と、その友人たち。
社会の平和を守るために立ち上がろうとしたとき、本当の正義を問われることになる!

正義とは何か?悪とは何か?

はたして、青葉町に平和は訪れるのか!?





【舞台監督】高山鳳凰(高山一族)『舞台美術】岡田保(演劇組織KIMYO)【大道具制作】かすがい創造庫【照明】 高山玄武(高山一族)【音響】谷井貞仁(ステージオフィス) 井上佳保【衣装・小道具】澤井しおり【制作】 赤井千晴【宣伝美術】 オレンヂスタ美術部

▲ページTOP


ミソゲキ2014参加作品
『また会えるまで』

原案:中村繁之 / 脚本・演出:澤井しおり



日程 2014年12月29日(月)〜31日(水)全3ステージ
会場 ナンジャーレ
出演 芝原啓成/竹田淳哉/澤井しおり/中村繁之(以上、妄烈キネマレコード)
河内愛/棚橋愛(星の女子さん)


僕らの街に突如現れた、幽霊都市。
高校最後の部活動。
さよならは誰にでもやってくるのだ。




▲ページTOP


『カラメル』
脚本・演出:澤井しおり





日程 2014年10月3日(金)〜7日(火)全8ステージ
会場 ナンジャーレ
出演 芝原啓成/中村繁之/竹田淳哉(以上、妄烈キネマレコード)
河内愛/棚橋愛(星の女子さん)/椎葉星亜(劇団んいい)


十年前、引っ越した町に、鳥子は戻ってきた。
小さな町は姿が変わり、友だちは性格丸くなったし、自分も気づけばスカートを履いている。
なんだか、ああ、この感じ。なんだろう、この感じこの感じ。
鳥子は、置き去りにした過去の自分とみんなに、会いに行く。

忘れものは、まだそこにあるだろうか?

大人になったとか、よく分からないけど、あったことはなくなったりしないはずだから。
底のほうの見えないところに、見たいつづきが隠れているんだ。たぶんきっと。





【舞台監督】 西尾武【舞台美術】 岡田保(演劇組織KIMYO)【大道具制作】かすがい創造庫【音響】 井上佳保【照明】 田邊夏実(劇潜サブマリン)【衣装・小道具】 澤井しおり【制作・宣伝美術】 藤崎アンジェ【制作補佐】 岩田真愛(名古屋演劇アーカイブ)

▲ページTOP


G/PITチャレンジフェスティバル2014 参加作品
『おねがい!カイロス』

脚本・演出:西尾武





日程 2014年2月27日(木)〜3月2日(日)全7ステージ
会場 G/pit
出演 中村繁之/藤崎アンジェ/澤井しおり(以上、妄烈キネマレコード)
久具巨林(金星ロケット)/名倉しおり/奥村健一/相羽広大(劇団バッカスの水族館)/内山ネコ(劇的ショウゲキジョウ)


井東泰幸。25歳、ニートの冬。
コーポ青葉。築25年、1Kの賃貸。家賃 3万3千円。
家賃滞納期間 3ヶ月。家賃滞納額 9万9千円。
青葉信用金庫、貯金額残高 80円。

小さい頃、思い描いた未来はもっと明るかった気がする。
だけど今僕は、希望も何もない現実とたたかいながら日々を生きている。
ただ漠然とした幸せを信じて。

宝クジでも当たんないかな―




【舞台監督】 林優(劇団わに社)【舞台美術】 妄烈キネマレコード【音響】 KANAMORIN【照明】 高山師走(高山一族)【衣装・小道具】 澤井しおり【映像製作】 西尾武【制作・宣伝美術】 藤崎アンジェ【制作補佐】 後藤万奈

▲ページTOP


ミソゲキ2014 参加作品
『これまでのあらすじ』
構成・演出:中村繁之





日程 2013年2月27日(木)〜3月2日(日)全7ステージ
会場 ナンジャーレ
出演 芝原啓成/中村繁之/藤崎アンジェ/澤井しおり(以上、妄烈キネマレコード)


がんばれないし、やる気しないし、なんかないかなーって思いながら生きている。
隣に住んでるあの子はどこか遠くにいくらしい。
これでいいんだ、いいんだ。
窓の外からロケットが飛び立つのがみえた。



▲ページTOP


2作品同時公演
『非!リア王』
脚本・演出:西尾武




日程 2013年11月14日(木)〜17日(日)全5ステージ
※追加公演⇒12月1日(日)全1ステージ
会場 ナンジャーレ
出演 芝原啓成/中村繁之(以上、妄烈キネマレコード)
久具巨林(金星ロケット)/加藤たくま/椎葉星亜


コーポ青葉 105号室―
青葉工業大学情報学部情報システム学科3年のコデムこと
小出村祐二の部屋。
この部屋には、同じ大学の後藤、力石、尾澤、草壁がよく入り浸っている。

ある日、コデムが調子に乗っていた。
なんと、彼女ができたのだ。
21歳にして、初めての彼女、何もかも初めてだらけ。
右も左も分からないコデムと、それを陰で支える(?)4人の男たち。

はたして、この5人はリア充になれるのか?




【舞台監督】 林優(劇団わに社)【舞台美術】 岡田保(演劇組織KIMYO)【大道具制作】かすがい創造庫【音響】齋藤正樹【照明】 宮出貴衣(虚構オメガ)【衣装・小道具】 澤井しおり【制作・宣伝美術】 藤崎アンジェ【制作補佐】 後藤万奈

▲ページTOP


2作品同時公演
『ぴかぴか』
脚本・演出:澤井しおり




日程 2013年11月14日(木)〜17日(日)全5ステージ
会場 ナンジャーレ
出演 藤崎アンジェ/芝原啓成/中村繁之/澤井しおり(以上、妄烈キネマレコード)
名倉しおり/タケダジュンヤ(劇団バッカスの水族館)


うーちゃんは、宇宙人。
嬉しかったり、悲しかったり、すると体が光る。
わたしはうーちゃんの光るところが好きだ。
だってわたしはただの人間で、光ったりしないから。



▲ページTOP


『眠れる夜のバカ』 
脚本・演出:西尾武




日程 2013年8月22日(木)〜26日(月)全8ステージ
会場 ナンジャーレ
出演 西尾武/中村繁之/藤崎アンジェ/芝原啓成/澤井しおり(以上、妄烈キネマレコード)
青木謙樹
(劇的ショウゲキジョウ)/カズ祥(劇団あおきりみかん)
   


草木も眠る丑三つ時―
何もない廃ビルの4F。
人生に失敗した男が首を括ろうとしていた。

しかし、男は自殺にも失敗する。

男が呆然としていると、何もない一室にボロ服を来た男がやってくる。
男はその場しのぎで話を合わせていくが、次第に人が集まっていき、
帰るに帰れなくなっていく。

眠れる夜に起こった、目が覚めるような出来事―



【舞台監督】 はせがわ工務店
【舞台美術】 岡田保(演劇組織KIMYO)【大道具制作】かすがい創造庫【照明】 宮出貴衣(虚構オメガ)【音響】 高山師走(名古屋大学劇団新生)【楽曲製作】 KANAMORIN【衣装・小道具】 澤井しおり【映像製作】 西尾武【制作・宣伝美術】 藤崎アンジェ

▲ページTOP


G/PITチャレンジフェスティバル2013 参加作品
『SKYROCKETS』
原作:後藤章太「SKYROCKETS」 / 脚本・演出:西尾武 / プロデューサー:かしやましげみつ(孤独部)




日程 2013年2月28日(木)〜3月3日(日)全7ステージ
会場 G/PIT
出演 藤崎アンジェ/中村繁之(以上、妄烈キネマレコード)
カズ祥(劇団あおきりみかん)/椎葉星亜/澤井しおり/棚橋愛/芝原啓成/名倉しおり/サエト(room16)


元・工場の事務所を借りて活動する5人の大学生がいた。
彼らは、ゲーム制作サークル「スカイロケッツ」。
彼らが現在制作しているゲームは、恋愛ノベルゲーム。
今までミニゲーム程度のモノしか作ってこなかった彼らにとって、大きな試みだった。

ある日、スカイロケッツに新メンバーが加入する。
メンバーも増えて、ますます賑やかになったスカイロケッツ。
ゲーム制作も順調に思えたが・・・



【舞台監督】 かしやましげみつ(孤独部)【舞台美術】 岡田保(演劇組織KIMYO)【大道具製作】 かすがい創造庫【音響・楽曲製作】 KANAMORIN【音響協力】 谷井貞仁(ステージオフィス)【照明】 宮出貴衣(虚構オメガ)【衣装・小道具】 田中みな(ゲボゲボ)【映像製作】 西尾武【映像補佐】 タケダジュンヤ(劇団バッカスの水族館)【映像撮影】 谷本英一(オレンヂスタ)【写真撮影】 AZUSA【制作・宣伝美術】 藤崎アンジェ【制作補佐】 後藤万奈 大塚美紀子

▲ページTOP


ミソゲキ2012 参加作品
『気まぐれ狂想曲』
 脚本・演出:西尾武




日程 2012年12月29日(土)〜31日(月)全3ステージ
会場 ナンジャーレ
出演 中村繁之/藤崎アンジェ(以上、妄烈キネマレコード)
芝原啓成/久具巨林(金星ロケット)


ある日、大事件を知って思う。
「なんか大変なことが起こったらしいよー」
「こんなこと現実に起こるんだねー」
「うわあー、物騒な世の中ー…」
だけど大半はいつか忘れてしまう、他人事。

今日も僕らの周りにいろんな電波が飛び交っている。
きっとどこかで振り回されている。

信じるものは救われると言うけれど、
信じるか信じないかはアナタ次第です―



▲ページTOP


ライブハウスイベント「みっくすじゅーす」 参加作品
『嘘つきパラドックス』 脚本・演出:西尾武




日程 2012年5月25日(金)全1ステージ
会場 SIX-DOG
出演 西尾武/藤崎アンジェ/中村繁之(以上、妄烈キネマレコード)


数年前、『有栖川サツキの生活』は爆発的にブレイクした。
作家・平野文雄は次々と新作を発表し、現在8作目『有栖川サツキの衝動』執筆中。
そんなある日―
突然、主人公・有栖川サツキがやる気を失くした。
この状況をなんとかしようと奮闘する平野と有栖川の同級生・戸田マコト。
はたして2人は有栖川サツキの憂鬱をなんとかすることができるのか?できないのか!?
五月病の季節にお送りする、妄烈キネマレコードの記念すべき第一作目!




▲ページTOP